特別体験講座「縄文土器をつくろう」を行いました

2018年9月14日

この講座は2回に分けて行われ、7月15日の第1回「土器づくり」で、粘土をこねて縄文土器のかたちをつくり、ひと月乾燥させた後、8月12日の第2回「土器の野焼き」で公園広場において土器を野焼きしました。老若男女様々な方に参加していただきました。

参加者の皆さんは講師の指導のもと、それぞれ思い思いの土器を作りました。また、余った粘土で土鈴づくりも行いました。参加者の中には、はじめて土器づくりを体験した方もおり、粘土の大きさや太さなどの感覚に苦労することもありました。

野焼きでは公園であらかじめ火床をつくり全員の土器をならべて焼きましたが、残念ながらひび割れたり、割れてしまったりする土器もありました。当日は強風で、火床の急激な温度の上昇などが割れた原因でもあったようです。

それでも参加者の皆さんには楽しかったと満足してもらう事ができました。ご参加いただきありがとうございました。

関連情報(PDFファイル)

HP2018715812.pdf

お知らせ一覧へ戻る


ページトップへ戻る